記録

記録

『サマーブロンド』や散歩のことなど 6月19日~6月25日

今週も一旦就活を休憩中なので暇を持て余していた。水曜日は大学で開かれたトミヤマ先生と清田さんの『大学1年生の歩き方』出版記念のトークを聞きに行った。『大学1年生の歩き方』という本はとにかく優しい。表向きは大学生に向けて書かれた本だけど、生きづらさを感じている世の中すべての人を肯定してくれている。大学生はこうあるべきだといったような常識から外れても大丈夫だよとそっと寄り添ってくれる本だ。世の中にはこんな優しいことを言ってくれる大人もいるのだからなんとか頑張らなければと思う。

木曜日はシアタートラムでチェルフィッチュの『部屋に流れる時間の旅』を観た。会場で又吉を見かけた。ちょうど『劇場』を読んだばかりだったので変に親近感が湧いた。

今週は色々と本や漫画を読んだ。ふりむいて裕『川沿いで未来からやってきたというネコに会ったけど、これといって特別感はなかった。』が面白かった。
個人的には地底人のエピソードが好きだった。おすすめです。あとはパク・ミンギュ『ピンポン』も良かった。
ピンポン (エクス・リブリス)

ピンポン (エクス・リブリス)

 
それとエイドリアン・トミネ『サマーブロンド』も読んだ。
サマーブロンド

サマーブロンド

 
4つの短編全てに自分がいるような気がしてひたすらに辛かった。エイドリアン・トミネは本当に天才だ。多くの人に読まれてほしい。ちょうどいまNetflixで『13の理由』を観ているのだけどそれとも重なるところがあった。 
土曜日は、またまた写ルンですを持って散歩をした。今回はサンダルで片道10キロを歩いたせいで足が血まみれになってしまって痛くて泣くかと思った。もはや自分でもなにがしたいのかわからない。就活しろよと言いたくなる。
前回は高円寺から中野方面に行ったので今回は阿佐ヶ谷方面へ向かった。これはあの有名な阿佐ヶ谷住宅の今の姿。

f:id:miwa19940524:20170625225157j:plainf:id:miwa19940524:20170625225216j:plain

当時の様子は写真でしか見たことなかったので取り壊されてしまう前の姿を見てみたかった。そのまま善福寺川沿いを歩いた。

f:id:miwa19940524:20170625225854j:plainf:id:miwa19940524:20170625230018j:plainf:id:miwa19940524:20170625230044j:plain

遠くにずっと白いタワーのようなものが見えていたのでそれを目指して歩いた。

f:id:miwa19940524:20170625230314j:plain

高いところに登ればあのタワーをもっと見れるかもと歩道橋へ行ったがビルが邪魔して見えなかった。ほんとだったら左に見えるはずなのに。

f:id:miwa19940524:20170625230412j:plain

いつの間にか高井戸駅周辺まで来ていた。そこから神田川沿いを歩いた。どこからでも白いタワーは見える。僕にとってこの風景はなんでもないものに過ぎないけれど、もしかしたら誰かにとっては特別な思い出の風景だったりするのかもと想像した。

f:id:miwa19940524:20170625230750j:plain

神田川沿いの高井戸から富士見ケ丘を過ぎて久我山までの道のりは意外にも緑に溢れていて東京じゃないみたいだった。

f:id:miwa19940524:20170625231342j:plain

川沿いの階段は長い。

f:id:miwa19940524:20170625231516j:plain

久我山に着いて向かったのは都営久我山アパート。この珍しい給水塔が見たかった。櫓みたいだ。

f:id:miwa19940524:20170625231653j:plain

アパートも階段が外側に面しているのがたまらなく良い。

f:id:miwa19940524:20170625232026j:plainf:id:miwa19940524:20170625231959j:plain

いつかそれぞれ違う場所にある団地の番号を1〜10ぐらいまで集めたい。

f:id:miwa19940524:20170625232250j:plain

どこにでも猫はいる。

f:id:miwa19940524:20170625232626j:plain

帰りは足がぼろぼろになってしまったので不覚ながら電車に乗ってしまった。冗談抜きで足の裏の皮がべろべろに剥けてしまって痛過ぎてやばいです。もはや散歩のレベルじゃなかった。来週からはまた就活を始めなければ。

 

 

良いY字路に出会えたことなど

とても暇になってしまいました。無事就職先が決まったわけではなく、受けていた企業全てに落ちてしまったからです。これがこだわりを持って就活した結果です。とりあえず、また1からのスタートということで頑張っていこうと思います。しかし張り切りすぎないで卒業するまでに働くところが見つかればいいやぐらいのスタンスでいこうと思います。

とりあえずやることがないので昨日は写ルンですを買って散歩をした。写真を撮りながら3時間ほど住宅街をさまよった。気づいたら10キロも歩いていた。撮った写真をさっそく現像したので適当に貼っていく。夕方に散歩したのとフィルムなので見にくいのは申し訳ないです。

なかなか良いY字路に出会えた。わかりにくいのだけど真ん中のアパートの側面が青いタイルなのが味わい深い。

f:id:miwa19940524:20170620224607j:plain

このアパートは、くり抜かれた丸いところが好きで撮った。

f:id:miwa19940524:20170620225046j:plain

青い柵が最高な秀和レジデンス。

f:id:miwa19940524:20170620225335j:plain

f:id:miwa19940524:20170620225356j:plain

そのすぐ近くにある誰も住んでいない団地らしき建物。

f:id:miwa19940524:20170620225606j:plain

このブログで何度か書いている好きな場所の囲桃園跨線橋からの景色と跨線橋に描かれた絵。

f:id:miwa19940524:20170620225727j:plain

f:id:miwa19940524:20170620225745j:plain

f:id:miwa19940524:20170620230107j:plain

奥に猫が2匹いたので撮った。

f:id:miwa19940524:20170620230241j:plain

教会。

f:id:miwa19940524:20170620230342j:plain

あとは適当に住宅街の写真。

f:id:miwa19940524:20170620230826j:plain

f:id:miwa19940524:20170620230850j:plain

f:id:miwa19940524:20170620231049j:plain

なんてことない景色ばかりなのに写ルンですで撮っただけで全ての写真が叙情的になってなんだかずるい。散歩中は叙情のかけらなんかなくてずっとアルコ&ピースのオールナイトニッポン聴いて1人でニヤニヤしてただけなのに。

f:id:miwa19940524:20170620231118j:plain 

終わり。

 

『キリング・アンド・ダイング』や羽衣『愛死に』のことなど6月5日〜6月11日

月曜日

お昼から面接。就活してて気付かされたのは、世の中で求められる「普通」ってめちゃくちゃ高いところにあったのだなということに尽きる。これまで自分のことを普通の人だと思ってたのだけど、よくよく考えるといわゆる普通の人だったらサークルとかに入って楽しそうな大学生をやっているはずだ。それが今の普通というものなのだ。自分でも気付かない内に「普通」から遠く離れてしまっていたらしい。


火曜日

深夜ラジオ好きとして佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』を読んだ。アルコ&ピースのオールナイトニッポンががっつり小説の内容に関わってくるので、読みながら思わず笑ってしまう。まさかビッグ・テキサンという文字を小説の中で目にする日が来るとは。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンも少しだけ登場する。ツイッターであったりニコ動なども重要な要素として作中で描かれていてまさに現代にしか書かれない小説だ。10年後になんとなく読もうとした人にとっては、意味のわからない固有名詞だらけになるのではないかと思う。しかし、正直なところあまりにもくだけた文体に読みにくさを感じてしまった。


水曜日

この日は朝から面接。午前中に終わったのでそのまま新宿に向かい石井裕也監督の『夜空はいつも最高密度の青色だ』を観た。最果タヒの詩集をどんな風に映画にするのだろうか思っていたけれど、想像の何倍も素晴らしい作品だった。この時代、特に東京という街を見事に掬い上げていた。ある意味で現在の新宿と渋谷の記録映像にもなっている。池松壮亮石橋静河の演技も素晴らしくて、個人的には何度かある石橋静河が歩きながらくるくると回るシーンが好きだった。ピカデリーで観たのだけど、エスカレーターで降りる時に外に広がる新宿の街並みを目にして不意に泣きそうになってしまった。

 

木曜日

この日も面接。夜はこまばアゴラでコトリ会議『あ、カッコンの竹』を観た。初めて観た劇団の作品だったのだけど面白かった。しかし上手く言語化できない。面白かったことは確かです。


金曜日

なんにもしていない。


土曜日

久しぶりに神保町へ行った。適当に古本を見て回って、三省堂坂元裕二が特集されている『熱風』を手に入れ、ずっと読たかったエイドリアン・トミネの『キリング・アンド・ダイング』を買った。

キリング・アンド・ダイング

キリング・アンド・ダイング

いい値段がするのでなかなか手を伸ばせなかったのだが買って損はなかった。6つの短編が入っていて、そのどれもが胸を締めつけるような切なさを持っている。個人的に好きだったのは、ポルノ女優とそっくりだという理由で人生がうまくいかない女性を描いた「アンバー・スウィート」という作品と表題作の「キリング・アンド・ダイング」でした。どの作品も淡々とコマが進んでいくのだけど、その一コマ一コマの間には時間の経過や感情の動きが潜んでいる。とにかくおすすめです。


日曜日

芸劇でFUKAIPRODUCE羽衣『愛死に』を観た。これまでにいくつか羽衣の作品は観てきたけれど今回が一番だったかもしれない。羽衣はいつでもとてつもない熱量で生と性を描いてきた。しかし今回はそこに色濃く死というものが加えられたことによって、より一層燃えるような生を見た気がする。大きな物語的なものがないのも素晴らしいです。

『ひよっこ』のことや『三の隣は五号室』など 5月29日~6月4日

月曜日

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンがまたまた復活した。復活もこれで3回目ということでこれまでの特別感よりは、通常の放送といった感じでずっとくだらなくて最高だった。布団に潜りながら1人で笑ってる時間が我ながらたまらなく愛おしい。深夜ラジオのある生活が当たり前になってる身としては社会人になって働き始めたらどうなるのだろうかと思う。聞かなかったら聞かなかったで生活にまったく支障はきたさないんだろうなと想像してしまうことが悲しい。爆笑問題カーボーイに関しては中3から聞いてるので離れてしまいたくないな。

 

火曜日

この日の『ひよっこ』も泣けた。まず、澄子の「おれ、和夫さんの娘になりてえわ」で泣いて、その後の食堂でみんなが山羊の鳴き真似をしたシーンで泣いた。なんてことないシーンなのに向島電機がなくなってしまうとなってからは、乙女寮の彼女たちの全てが愛おしい。

 

水曜日

この日の『ひよっこ』も泣けた。「見上げてごらん夜の星を」を合唱するシーンで号泣ですよ。この週のタイトル「小さな星の、小さな光」はここからの引用で、まさにドラマのテーマとぴったりだった。

 

木曜日

長嶋有『三の隣は五号室』を読んだ。

三の隣は五号室

三の隣は五号室

 

ほんとに素晴らしくて、読み終わった後にこれまで住んできた家の記憶が蘇ってきた。転勤族だったので幼稚園から小学校4年まで計4回引っ越しをしてきたのだけど、いまだにその間取りを覚えている。というよりもこの本読んで思い出した。これまで住んできた家のすべてに、今は自分の知り得ない誰かが生活していると考えると不思議だ。そして、今の一人暮らしをしているアパートの部屋にも歴代の住人の幾人もの生活があったわけだ。ちなみに築23年のアパートなので自分と同い年。僕が生まれたその時には、このブログを書いている部屋には恐らく初代の住人がいたということになる。

 

金曜日

この日の『ひよっこ』53話は、これまでの中で一番良い回だった。素晴らしいセリフで溢れていた。立て壊されてしまう工場に豊子が立て籠もった時にみね子が言った

悲しいけど無くなんないよ、無くなんない。私たちがずっと忘れないでいれば、工場は無くならない。ずっと無くなったりしない

そして豊子が無事に工場から出てきた後のみね子による独白の

豊子の小さな反乱は時間にしたらほんの何分かのことで歴史に残るようなことではないのかもしれないけど、たしかに今ここで起きた事件です。私の歴史年表ではとっても大きな出来事になると思います。いつかみんなで笑い話にしてやろうと、何度でも笑い話にしてやろうと思いました

ほんとに素晴らしい。もう最終回を迎えるかのようなセリフだ。こんな良いセリフを聞けただけでも満足なのに、最後のみね子によるモノローグがさらに素晴らしかった。

お父さんへの心の手紙ではどうしても私の近くにいる人の話になってしまうけど、ここには大勢の乙女たちがいました。みんなそれぞれに、私とおんなじように物語があります。なんだかそれって、すごいなあと思います。そんな物語がものすっごくたくさんあるのが、東京なのかなあって思いました

まさに『ひよっこ』で描かれていることのすべてが詰まっている。たった15分の中にこれだけのセリフがあるってどうかしてるし、下手な人だったら臭くなってしまうようなセリフなのにそうならない脚本の素晴らしさよ。

 

土曜日

家に引きこもっていた。

 

日曜日

シベリア少女鉄道『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』を観た。とても高度なことをやっているのに本当にくだらなくてめちゃくちゃ面白かった。最後は客席から拍手喝采であんなお芝居の終わり方は観たことなかった。よくある映画とかドラマのゾンビって生前の習慣と同じ行動をするので、過去の「きっかけ」に囚われてしまった人たちの動きに納得でした。

ここ数週間のこと

就活の諸々で忙しくあまり更新できていませんでした。就活に関してはまったく順調ではないのでどうしようかと考えています。

そういえば先週の24日で23歳になった。年齢を重ねることに特になにも思わなくなってしまったのでいつの間にか30歳ぐらいになっていそう。だけどどんな年齢になっても、年下の人に「若いねー」とか死んでも言いたくない。同年代でそういう人を見かけると恥ずかしくる。そんな時はいつも自戒の意味も込めて「成熟してない考えで頭はいっぱいなのに、なんでもう若くはないとか言っちゃってんだろ」というFUKAIPRODUCE羽衣の歌詞を思い出します。

最近の楽しみは相変わらず毎日『ひよっこ』を見るぐらい。あとは先週だと『キングちゃん』の「冷やし漫才王」がどうかしてるんじゃないかってぐらい面白かった。ある程度それぞれの漫才の定型を知っているから面白いってのはあるのだけれど、本当に漫才の新たな可能性を見た気がした。映画は2週間ほど前にやっと『牯嶺街少年殺人事件』を観た。そりゃ素晴らしいに決まってるわけで。台湾に無性に行きたくなってしまって旅行した時の写真ばかり見返してしまう。

f:id:miwa19940524:20170529232756j:plain

来週からユジク阿佐ヶ谷で台湾映画特集があるらしいので台湾欲を埋めるためにも通いまくります。

今週は久しぶりにお芝居をたくさん観に行った。木曜日はナカゴー『紙風船文様』をあさくさ劇亭で観た。岸田國士の戯曲をちょうど大学のゼミで読んだばかりだったのでタイムリーに楽しめた。いくら原作があるとはいえ、完全にナカゴーの作品に仕上がっていた。金曜は芸劇でイキウメ『天の敵』を観た。ほんとに傑作でした。何から何まで完璧で舞台に視線が釘付けになった。前川知大天才だ。僕は観れていないのだけど『散歩する侵略者』が黒澤清によって映画化されるらしいのでそれも楽しみだ。日曜はあうるすぽっとで木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談』を観た。6時間の長丁場まったく飽きることなく楽しめた。牯嶺街もそうなのだけど面白いものはどんなに上演時間が長くても耐えることができるし、それだけの時間を費やすに値する。昨年観たコクーン歌舞伎東海道四谷怪談よりも素晴らしかった。ロロの亀島一徳も大活躍でした。これだけ面白いものを1週間に3つも観れて満足です。

音楽は柴田聡子『愛の休日』をずっと聴いている。

愛の休日

愛の休日

特に「後悔」と「あなたはあなた」と「遊んで暮らして」は、曲も良いし歌詞も素晴らしい。この中で一曲選ぶなら「あなたはあなた」かなあ。ライブに行きたいものです。

今週の『ひよっこ』やロロなど5月1日〜5月7日

月曜日

『ひよっこ』の東京編が始まった。とりあえず悪い人は出てこないようなので安心です。今回はカレーライスを食べてるシーンだけで泣きそうになってしまった。序盤でみね子の父親が東京でハヤシライスを食べ、家族に食べさせたいと思い、今回みね子も東京でカレーを食べ故郷にいる兄弟に食べさせてあげたいと思ったように、食べ物を介して遠くの誰かを想う気持ちに胸を震わせた。カレーを食べるシーンだけなのにこれまでの思い出が重なって泣いてしまうわけです。


火曜日

この日の『ひよっこ』は完全に『あまちゃん』でした。乙女寮に集まった人たちのそれぞれの地域の方言(東北)による会話や、朝に流れる「いつでも夢を」だったりと『あまちゃん』を意識したものになっていた。今回の寮の部屋でわいわいおしゃべりしてる時間があまりにも幸福過ぎてずっと見ていたかった。ツイッターでひよっこの感想を見ていると、どうでもいい会話はいらないから物語を展開させろとつぶやいている人が多くて、どうでもいい会話こそ愛おしいじゃないかと怒りたくなった。

夜は井の頭公園へロロの野外劇『パークス・イン・ザ・パークス』を観に行った。一言で言えばめちゃくちゃ良かったです。まさに老若男女観に来ていて、同じものを観て一斉に笑う瞬間なんかはたまらないものがありました。犬は吠えるし、子どもは自由にしゃべるのだけどそれさえも愛おしくなるような時間だった。肝心のお芝居も、音楽を通して時間も場所も飛び越えて繋がってしまうのがロロらしくて素晴らしかったです。演劇は簡単に時間も場所も飛び越えるから好きです。アフタートークでの三浦さんと瀬田なつき監督のトークの弾まなさとぎこちなさがとても良かった。スムーズにペラペラとしゃべる人は信用に欠けると思っているので。写真は桜をまく三浦さん。

f:id:miwa19940524:20170503233703j:plain


水曜日

この日も『ひよっこ』を観た。個人的な『ひよっこ』のお気に入りポイントは、みね子がよく口にする「がんばろうね」というセリフです。「がんばろう!」ではなく「がんばろうね」の包みこむようなやわらかさよ。「おいしいね」のセリフも好きです。イントネーションが重要なのだけどうまく説明できない。

ゴールデンウィークだというのに就活の選考があった。午前中には終わったので『夜は短し歩けよ乙女』を観に行った。数年前に原作を読んだっきりであまり内容を覚えていなかったせいか普通に楽しめた。しかしどうしても同じ布陣による『四畳半神話体系』と比べてしまうと劣るよなーといった感じ。

お昼から映画を観てしまったせいか完全に就活モードはどこかにいってしまい、ファミレスで時間を潰してからそのまま『PARKS』を観に行った。あらためて瀬田なつき監督の作品好きだなと思った。冒頭の自転車から見える風景を単語で羅列するシーンであったり、不動産屋のシーンなどは『彼方からの手紙』を彷彿とさせた。個人的に好きなシーンは、公園中の音を集めるシーン。とてもロロっぽいです。終盤の一筋縄でいかない辺りも瀬田なつき監督っぽくて良かったです。永野芽郁は初めて見たのだけどそのうち朝ドラで主役やると思う。上映後のシャムキャッツ夏目によるミニライブも大好きな「WINDLESS DAY」聴けて満足です。


木曜日

この日の『ひよっこ』は、みね子の語りがほとんどを占めていた。もはや『北の国から』の純の語りだった。


金曜日

この日の『ひよっこ』も良い回でした。まず、みんなのパジャマ姿が可愛い。現代でもおかしくないパジャマなのだけど当時の1960年代を再現しているのだろうか。それにしても本当にこのドラマには悪い人が出てこない。そこが素晴らしい。朝ドラによくある取ってつけたような悪い人は登場せず、登場人物を多面的にとらえて肯定していく。みね子と時子の「好きだよ」の言い合いがたまらなかった。


土曜日

この日も『ひよっこ』を観る。こんなに全ての登場人物が愛おしいドラマ滅多にないんじゃないでしょうか。この回では澄子が良かった。母親を亡くし、それまでは家庭内の労働に縛り付けられていた澄子は、父親が再婚し東京に出て働くことによって、同じ労働でも休日のある自由を伴った労働を手に入れたと語るが、もう帰るところはないと話すシーンはグッときた。また、今回の話で底抜けに明るいように見えた愛子さんの背景も少し垣間見えた。登場人物を平等に描いていく岡田惠和の脚本が本当に素晴らしい。とにかくみんな幸せになってくれ。

お昼過ぎに新宿眼科画廊で範宙遊泳『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』を観た。とても面白かった。その後、髪を切りに行ったのだけど、またもや社会人だと思われた。しかしながらよくよく考えてみると、本当は社会人1年目の年齢なわけだ。今月で23になるとか恐ろしい。


日曜日

来週は面接3つと筆記試験があるので家で勉強していた。深夜はけやかけを観た。楽しみにしていた渡辺梨加と長沢菜々香の回だったのだけど案の定面白かった。2人がアイドルになっていなかった未来を想像すると恐ろしい。

『ひよっこ』のことなど 4月24日~4月30日

今週も就活でバタバタしていた。ざっくばらんに出来事を書いていきます。

柴田聡子の新曲のMVが公開されていたのだけど、とんでもなく良い曲だった。繰り返し繰り返し聴いている。聴いていない時も頭の中で勝手にメロディーが流れている。

www.youtube.com

シネマカリテで『スウィート17モンスター』を観た。好きな映画でした。海外のこういったティーン映画を観ると、同じようなものを抱えた人が遠いどこかにいるのだなと思えて安心する。この映画はとにかく先生が素晴らしい。あんな大人周りにいないよ。

今週で『ひよっこ』の茨城編が終わった。今週は特に素晴らしくて冗談抜きで毎話泣ける。毎日の積み重ねがあるとはいえ、たった15分で感情を揺さぶってくるのは凄い。それまでは通学の手段だったバスが、田舎から出て行くためのバスになるあたりも巧みだしそりゃ泣きますよ。東京に向かう電車の中のシーンで、新しく登場した澄子の背景もさらっと語られていて素晴らしかった。全方位にまなざしが向けられている。あと、『スウィート17モンスター』と同じように『ひよっこ』にも良い先生が描かれているのでそれだけでその物語が好きになってしまう。それにしてもこれから彼女たちに辛いことがたくさん待っているのだろうなと想像するだけで胸が苦しくなる。

今週から始まった『デリバリーお姉さんNEO』も良いドラマ。とにもかくにもロロ節全開だ。毎週楽しみなドラマがあるだけで頑張れる。

バラエティでは『勇者ああああ』と『キングちゃん』が毎週必ず面白い。『勇者ああああ』に関してはもはやアルコ&ピースのラジオの延長の感覚で見ている。オープニングのトークなんてまさにラジオである。ラブレターズスーパージョッキー風の着替えも声を出して笑ってしまった。『キングちゃん』ではハライチ岩井の「俺は思い出の人じゃない」というフレーズが面白かった。とにかくテレ東の深夜は最高だ。『欅って、書けない?』も毎週面白い。来週の渡辺梨加と長沢菜々香の密着がめちゃくちゃ楽しみ。